病院概要

ごあいさつ

理事長からのごあいさつ

 「医療を通じて地域の人々の幸福に貢献する」という理念を掲げて、昭和55年12月老年期精神疾患の専門病院として栗野病院を開設いたしました。
 当時は認知症に対する国民の関心は薄く、熊本県の国立療養所菊池病院で室伏 君士 先生が奮闘されているくらいでありました。
 私達は老年期のうつ病、認知症の治療に積極的に取り組み、できるだけ住み慣れた地域で生活してもらう為に、平成2年4月に介護老人保健施設を開設いたしました。
 平成7年4月認知症疾患医療センター(当時は老人性痴呆疾患センター)の承認をうけ、認知症の専門施設として、地域の人々や行政等、各方面から大きな評価を受けてきました。
 この度、病院を全面増改築いたしました。
 医療法人永光会は療養環境を整備して、これからも医療の質の向上を目指し、病院職員一人一人が病院理念に沿って連携を図り、質の高いサービスの提供と医療安全を心掛けていきます。
 「地域の人々の幸福に貢献する」病院を目標に、これからも“地域の皆様に信頼される病院”、”地域の皆様に喜んでいただける病院“、”地域の皆様に選んでいただける病院“で、ありつづけたいと念じています。
 地域のニーズに合う医療を提供できますように努力して参る所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
理事長 永田 浩三


院長からのごあいさつ

 当院は、鹿児島と宮崎の県境に位置し、豊かな水と森に囲まれたこの地で、昭和55年に開院いたしました。陽の差す明るい病棟からは霧島連山の一角をなす、栗野岳が一望できます。
 現在、入院・外来患者さまの多くがご高齢者(認知症やうつ病)で、私たちは開院以降その方々の自立した、質の高い生活を支援することを目指して参りました。
平成28年7月以降婦人科外来もオープンし、女性と高齢者にやさしい病院を目指して参ります。今後も豊かな自然の中で、患者さまに静かで落ち着いた、質の高い療養生活を送っていただけるよう、より良い環境作りと、きめ細かい高齢者医療の提供を目指し、努力していく所存でございます。さらに、地域の皆様に信頼され、愛される病院を目指してこれからも職員一同、心の通う医療に邁進してまいります。
院長 永田 智行

当法人が目指すもの:3つの柱・理念

3つの柱・理念

基本方針

  • ・患者さまの精神的、身体的な健康を回復させ、自立を支援し、家庭や社会に復帰できるよう、取り組んでいきます。
  • ・患者さまの尊厳を守り、個々の状況に応じた全人的な関わりを通して、その方にふさわしい医療、介護、福祉サービスを提供していきます。
  • ・個人情報の取扱いには細心の注意を払っていきます。
  • ・安全な医療を行っていくため、研修を重ね医療事故防止に努めます。
  • ・高齢者の医療、看護(介護)、福祉サービスの充実を図り、地域医療に寄与していきます。
  • ・専門性の高い技能と優れた人格を併せもった人材を育成します。

施設概要

名称 あいらの森ホスピタル
所在地 〒899-6202鹿児島県姶良郡湧水町北方1854番地
TEL/FAX 0995-74-2503 / 0995-74-2504
開設者 医療法人永光会
理事長 永田浩三
院長 永田智行
管理者 院長 永田智行
病院概要 総病床数217床
病棟構成

A2F病棟 認知症疾患治療病棟Ⅰ
A3F病棟 認知症疾患治療病棟Ⅰ
B1F病棟 認知症疾患治療病棟Ⅰ
B2F病棟 内科療養型病棟(うち介護療養型医療施設12床)
外来構成 メンタルヘルス科外来・婦人科外来・内科外来・認知症デイケア
関連施設 介護老人保健施設寿芳苑(100床)
通所リハビリテーション
居宅介護支援事業所ラポール湧水

社会福祉法人智光会 介護老人福祉施設グリーン光芳
短期入所生活介護(ショートステイ)
認知症対応型共同生活住居(グループホーム)
愛の里
居宅介護支援事業所 グリーン光芳
デイサービスセンター グリーン光芳
ヘルパーステーション グリーン光芳

沿革

昭和55年12月 開設者 永田 浩三が許可病床数100床で栗野病院を開院。
昭和57年12月 許可病床数100床から170床に増床。
昭和59年10月 開設者が医療法人永光会に変更。
昭和61年 4月 許可病床数170床から206床に増床。
平成 2年 5月 老人保健施設「寿芳苑」を許可病床50床で開設。
平成 5年 4月 老人保健施設「寿芳苑」に痴呆専門棟を34床増。
平成 7年 4月 老人性痴呆疾患センター事業、県知事指定を受ける。
平成 8年 5月 一般療養病棟43床を増床。
平成 8年 6月 社会福祉法人智光会特別養護老人ホームグリーン光芳を開設。
(病床数50床 ショートステイ10床 計60床)
平成 8年 7月 老人性痴呆疾患療養病床「やすらぎの苑」50床開設。
平成 8年 7月 デイサービスセンター栗野町 グリーン光芳 委託事業開始。
栗野町在宅介護支援センター グリーン光芳 委託事業開始。

この時点で

栗野病院 許可病床数 249床
老人保健施設「寿芳苑」 84床
特別養護老人ホーム「グリーン芳光」 60床
平成 9年 3月 栗野町ホームヘルパーステーショングリーン芳光 委託事業開始。
平成11年 9月 痴呆性老人グループホーム「愛の里」事業開始。
平成16年 4月 療養型病床群(完全型)「あざみの里」開設。
老人性痴呆疾患療養病床棟「福寿の里」60床開設。
平成15年 9月 老人性痴呆疾患治療病床棟「ラポールくりの」50床開設。
平成16年 4月 社会福祉法人智光会 20床増床 新型特養ユニットケア開設。
平成19年 6月 老人性痴呆疾患療養病棟から認知症疾患治療病棟へ転換。
(50床×3病棟)。
平成20年 7月 居宅介護支援事業所「ラポール湧水」開設。
平成21年 3月 認知症対応型通所介護「湧水」開設。
平成21年 6月 精神科作業療法開設。
平成21年12月 鹿児島県認知症疾患医療センター事業、県知事指定を受ける。
平成28年 7月 婦人科外来開設
平成29年 8月 重度認知症デイケア「そよかぜの森」開設

現在の許可病床数
あいらの森ホスピタル許可病床 217床
認知症疾患治療病棟Ⅰ 174床
療養型医療施設 43床
(うち介護療養型医療施設 12床)
介護老人保健施設「寿芳苑」 100床
介護老人福祉施設グリーン光芳 80床
(うち短期入所生活介護 10床)